2013年04月18日

公演プログラムのご紹介



昨晩の《オテロ》東京公演初日、大勢のお客様にご来場いただきました。どうもありがとうございますexclamation×2日本引越公演はこれで三回目のフェニーチェ歌劇場、そして日本を良く知っているキャスト達も、やはり東京の初日は緊張するようです。しかしその緊張をバネに素晴らしい公演となり、お客様の反応もおかげさまでとても良いものでした。




さて、今日は会場で販売されている公演プログラムについてです。引越公演は特別なイヴェントとして企画されるため、プログラムも永久保存して頂けるクオリティーを目指して制作メンバーが知恵をしぼって構成を考えます。特に、イタリアの歌劇場は世界の歌劇場と比較してもプログラムが学芸的に充実していることで知られており、その中でもフェニーチェ歌劇場のプログラムは、イタリア随一の歌劇場歴史資料室(奇跡的に火災をまぬがれたそうです)を持っている劇場らしく、ミラノ・スカラ座に並ぶ国内最高のクオリティーを誇っています。その歌劇場の来日公演ということで、私たちも出来る限りの内容をめざして頑張って制作しました。





プログラム表紙.JPG
公演プログラム表紙






ここに今回のプログラムの目次をご紹介します。

目次

7 公演概要
8 ごあいさつ
13 人間ヴェルディ (フランコ・ロッシ/訳:井内美香)
22 チョン・ミョンフン/インタビュー(佐藤千晴)
24 《オテロ》キャスト
26 ヴェルディの遺産《オテロ》の演出ノート (フランチェスコ・ミケーリ/訳:井内美香)
29 プロフィール
40 登場人物相関図とあらすじ(井形ちづる)
41 嫉妬に取り憑かれた英雄(小畑恒夫)
46 《オテロ》の音楽史的意義(小畑恒夫)
48 ヴェネツィア、キプロス、「ムーア人」(藤内哲也)
52 《オテロ》の声 ―フェニーチェ歌劇場芸術監督フォルトゥナート・オルトンビーナ氏に訊く―(井内美香)

56 特別コンサート プログラム+キャスト
57 プロフィール
58 《リゴレット》登場人物相関図とあらすじ(井形ちづる)
60 《椿姫》登場人物相関図とあらすじ(井形ちづる)
62 心底を映す鏡(岸 純信)
64 《リゴレット》と《椿姫》の音楽的特徴と意義(岸 純信)

66 ガラ・コンサート プログラム+キャスト
68 プロフィール
69 曲目紹介(井形ちづる)

72 大阪国際フェスティバルとフェスティバルホールの今昔(佐藤千晴)

76 日本公演参加メンバー






巻頭記事「人間ヴェルディ」は、フェニーチェ歌劇場歴史資料室の顧問で、ヴェネツィア音楽院教授フランコ・ロッシ氏に特別にご寄稿いただきました。昨年11月に資料室でお目にかかった時にはご自身が発見したヴェルディの手書きのメモを愛おしそうに見せて下さったのが印象に残っています。


また、イタリア・オペラのエキスパートである執筆陣に加え、今回、中世近世のヴェネツィア史のご専門家である鹿児島大学法学部准教授・藤内哲也氏の「ヴェネツィア、キプロス、『ムーア人』」が掲載されており、《オテロ》の物語の背景となっている史実について詳しく知ることが出来ます。




加えて現地ヴェネツィアで行われたチョン・ミョンフン氏のインタビュー、新生フェスティバルホールと大阪国際フェスティバルの今昔を辿る記事、そして《オテロ》とコンサートの解説も大変充実した内容です。数多い美麗写真も魅力です。






ジュゼッペ・ヴェルディ生誕200周年記念と銘打った今回のフェニーチェ歌劇場来日公演プログラム、一部2,500円で販売しております。会場でぜひお手に取ってご覧頂ければ幸いですexclamation








オーチャード看板.JPG
オーチャードホールのプログラム売り場





posted by フェニーチェ2013 at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。