2013年04月20日

ま・た・あ・う・ひ・ま・で




スタッフMでございます。ついにお別れの時が来てしまいました…(涙)。










カーテンコール.jpg
オーケストラ、日伊のテクニカル・スタッフも舞台に乗った昨晩のカーテンコール。写真:Arianna Tae Cimarosti






フェニーチェ歌劇場の来日公演、終わってしまいました。本当に多くの方にご来場いただき関係者一同、心より感謝しております。




オペラの舞台が出来上がるまでには大勢の人たちが関わっています。特に引越公演ではイタリアと日本のメンバーが力を合わせて舞台を作り上げるので、毎日一緒に仕事をするテクニカル・スタッフの皆さんは交流も深まるようです。今日の最終公演ではあちこちのセクションでお別れに記念撮影をする姿が見られました。横からお邪魔していくつかブログ用のバックステージ写真を撮らせてもらいましたのでご紹介します。





オテロ.JPG
まずはオテロ様、ご出演前にどど〜んと撮影させて頂きました。迫力があってちょっと怖かったです…


デズデーモナ.JPG
リアさんはいつもにこやかな笑顔で。


東京FM合唱団.JPG
TOKYO FM少年合唱団の皆さんと記念写真を撮り終えたマエストロ・チョン。「ブラヴィッシミ!」と子供達を褒めていました。


チョン氏.JPG
フェニーチェ歌劇場芸術監督オルトンビーナ氏(右端)、マエストロ、そしてテクニカルの皆さんで記念撮影。


s-ガッロさん他.jpg
《オテロ》脇役の皆さんを撮影していたら彼らと仲がいいガッロさんが楽屋に来ました。一緒にパチリ。


s-黒子一枚目.jpg
今回かなり活躍した不気味なブラック・マン達。実は男性3名と女性1名のイタリアから来た俳優さんたちです。


s-黒子2枚目.jpg
何枚か撮っていたら襲われそうになりました…


s-プロダクション.jpg
日本側の舞台責任者、プロダクション・マネージャーの佐藤公紀さんと、フェニーチェ歌劇場の大道具主任マッシミリアーノさん。2001年の引越公演のときから一緒に仕事をされています。


s-小道具.jpg
こちらは小道具チーム。《オテロ》に出てくる”サン・マルコの獅子”の旗は今でもヴェネツィア人の心の中にある彼らの大切なシンボルなのだそうです。


s-大道具.jpg
大道具チーム。本番前なので全体の一部の皆さんです。実際はもっと大人数の作業となります。


s-照明.jpg
そして最後が照明チーム。ムーヴィング・ライトを使用した洗練された照明を日伊の協力で作り上げました。






以上、ご紹介出来たのは一部の方達で、実際は他にも日本人助演の皆さん、衣裳、メーク、音楽スタッフ、音響、楽器係、通訳、事務方等大勢の人が関わっています。今回の引越公演はオペラ一演目にコンサート2種類と、これまでのフェニーチェ歌劇場の来日公演よりも規模が小さいものでした。でも、ヴェルディの《オテロ》という演目のおかげでしょうか、大変充実したツアーになったのではないかと思います。













最後に、ブログをご覧頂いた皆様、どうもありがとうございました。





フェニーチェ歌劇場の皆にまた会えますように! Arrivederci e a presto!!!!!!!!


















posted by フェニーチェ2013 at 07:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。